賃貸物件の初期費用を安くする裏技(ウルトラC)

ふどうくん
ふどうくん

新しい部屋の初期費用安くならないかな〜

新しい部屋を契約する時に必ず頭を悩ませるモノ・・・・・

そう!「初期費用」ですよね!!!(;ω;)

今回はそんな初期費用もっと安くなる裏技を2つ紹介させていただきます!!!

ただし、この裏技。使える条件が限られているので今、気になってるお部屋がどういうステータスかオーナーさんか賃貸営業マンに確認しましょう〜〜!!! \\\\٩( ‘ω’ )و ////

裏技が使える条件

”’まだクリーニングやリフォームがされていない部屋”’

この条件を満たせば、裏技が使えます!!!

ふどうくん
ふどうくん

でも「まだクリーニングされていない」なんてどうやったら、わかるの?

退去予定もしくは退去したばかりの部屋か、聞けばわかるよ

ふどこちゃん
ふどこちゃん

確認ポイント:退去予定の部屋を狙おう

オーナーさん、もしくは仲介会社の営業マンに「この部屋の前の入居者は、いつ退去したんですか?」と聞いてみましょう

もし、「これから退去予定」か「退去して1週間以内」であれば、初期費用を安くする条件が整いました。

では、いよいよ裏技を使って初期費用を安くしちゃいましょう!!!!

【裏技】クリーニングを自分の手で行う

以前の入居者が退去した日に、マンションの管理会社は「どれくらいリフォームをかけたら次の入居者が入るか」をチェックします。

一般的には、1週間〜2週間の間にクリーニングと必要があれば壁紙の張り替えを行い、もう少しリフォームが必要であれば1ヶ月以内に施工業者さんを発注してリフォーム工事を行います。

もし、「退去予定」または「退去して1週間以内」の部屋であれば

クリーニングやリフォームを “これから” 行う可能性が高い

ということは

自分の手でクリーニングや壁紙交換(気にならなければ我慢すればいい)をすれば、その分のコストをオーナーさんは払わなくて良くなるため

“家賃を下げてくれる可能性が高い”

ということになり、裏技が使えるようになるんです!!!

引っ越しした事がある方は、わかるかと思いますがクリーニング代って高ければ敷金から賃料1ヶ月分くらい引かれますよね?

クリーニング業者といっても、同じ人間なので丁寧に掃除すればそこまで違いは出ないし、余程頑固なヨゴレ等でなければ強力な薬剤も必要ありません。

※中には、クリーニング代だけ敷金から天引きして、よく見る「クリーニング済」の紙だけ置くような真似をする業者もいますので、気をつけてください

ただし、あなたの管理方法が悪ければ、あなたが退去するときに掛かるクリーニング費用やリフォーム費用が高額になることもあるので、もし心配なら「現状確認に基づく覚書」を交わしましょう。その時は、下記の条文も入れてくださいね。

※この劣化(自分が我慢する壁紙の破損等)は乙(あなた)の責によるものではなく
乙の退去時には甲(オーナーさん)の責任によって、修繕するものとする。

まとめ

退去予定もしくは退去したばかりの部屋か、確認する

クリーニングは自分の手で行う

家賃の交渉をする

入居時に「現場写真」と「現場確認に基づく覚書」を交わす

いかがでしたでしょうか?

裏技っていう割には、意外と普通な方法だったかもしれませんが、このやり方であれば誰でも初期費用を安くする事ができます。

少しでも参考になったら嬉しいです!!!!\\\\٩( ‘ω’ )و ////

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です