【タックスヘイブンってなあに?】節税と租税回避の違い

ふどうくん
ふどうくん

お金持ちの人ってなんか悪いことしてるイメージ(漠然)
みんな脱税とかしてるでしょ?

確かにグレーな部分だけどお金持ちの人全員が脱税してるわけじゃない、じゃあ節税と租税回避の違いから説明していくね〜

ふどこちゃん
ふどこちゃん
節税とは
法律上、決められたルールの中で限りなく100%ホワイトな施策により、納税額を削減する方法
租税回避とは
部分的に見ると正しい行為を組み合わせて、故意的に法律の抜け穴や租税条約を狙って、税務署が追わないレベルを見極め、納税額を削減(詐称)する方法

簡単に言うと、税務署の解釈の仕方によっては追徴課税を取られるかもしれないリスクを取ってまで節税以上のパフォーマンスを求めるなら、いろんな屁理屈を並べて税金をもっと削減しようとする租税回避のスキームを組むことになりますね

つまり、租税回避とは「制約と誓約」である!!

※僕の尊敬する歴史上の偉人もこう言ってました
ふどうくん
ふどうくん


Q.じゃあどんな節税(租税回避)が自分には合ってるの?そもそも節税すらした方がいいの?結局、よくわからぬ


A.その人の置かれている状況や経済状況にもよるから、結論「人による」としか言えないの

ふどこちゃん
ふどこちゃん

より難しく、複雑なスキームを組めば、それに比例して納税額が削減できる訳ではないですが、難しい反面、税務署は追いかけづらくなります。

ただし、租税回避は「鎖」のように節税目的で複雑なスキームを組むと、将来そのスキームに縛られ事業計画の変更に支障をきたす可能性もあり、原則、自由度と租税回避はオフトレードです。

どんな節税が流行ってるの?

実質的には損金計上を多くし、今期で支払う税金を将来に繰り延べて償却期間が過ぎれば想定の税金を支払うような「税金の繰り延べ」と思われるスキームも当ブログでは「節税」と定義しています。

などなど。。。

  1. 従業員全員加入の養老保険 → 半損、90%超の返戻率
  2. 短期払の終身医療保険 → 全損、2年で払込を終え、終身の保障を獲得可能
  3. 船舶オペレーションリース → 早期での高い償却率
  4. 航空機リース(一機持ち)への投資 → 早期での高い償却率、売却時期を選べる
  5. 海外不動産 → 国内に比べ、物件総額に占める建物比率が高い為、比較的高い償却率
  6. 自家消費太陽光投資 → 自家消費目的であれば即時償却が可能。投資回収10年前後
  7. タックスヘイブンにて法人設立、海外法人にて受注し、国内法人に安価で外注 → 利益のほとんどを海外法人で計上して免税
  8. 他社株を自社で買取、同額で他社にまた買い取ってもらう → 保有期間中の受取配当金は益金参入にならず、株式の売却損が出た場合も損金参入できるため、一定の節税効果と期を跨いだ税金繰り延べが見込める
  9. 経営セーフティ共済(よく聞くやつですね)

じゃあ逆に租税回避ってどういう風にやるの?

「タックスヘイブン(租税回避地もしくは低課税地域)」で利益計上することで、その地域でいくら利益が出ても法人税や住民税を払わなくて良くなるため、諸外国で利益計上したり節税して税金を少なくするスキームに比べ、遥かに税金を削減できるのです。

タックスヘイブンで有名なエリアと言えば、イギリスのケイマン諸島やヴァージン諸島、アジアだと香港やマレーシア・シンガポール、そして2015年に「パナマ文書」の流出でニュースになったパナマ諸島とかですね!

富裕層の方達は、こういったエリアや国で法人登記をしてその法人で利益計上し、税金を削減しているのです。

  1. google ダブルアイリッシュダッチサンドイッチ→ 2重のライセンススキームを用いて、無税地のバミューダ諸島で利益計上するスキーム
  2. amazon amazonの本体法人はドメインがAmazon.com だけど、日本でみんながお買い物しているECサイト(運営法人)はAmazon.co.jp で登記。本体法人は免税地に登記して売上計上して、運営法人は莫大なライセンス料を本体法人に払うことで日本での税金を減額。本体は低課税地域の為、こちらでも税金を減額するスキーム
  3. スターバックス こちらもgoogleと似ていてライセンス料をグループ間で支払うことにより課税所得を圧縮、また実効税率の低いスイスを拠点にすることで、法人税の大幅な削減をしている

極端に端折ってますが、本来なら莫大な売り上げに対する莫大な税金がかかるはずのところ、各社で優秀な会計士や国際税務コンサルタントを雇ってスキーム作ってるんですね。

ただし租税回避はリスクもある
極端に言えば、各国の法律と法律の抜け穴を組み合わせて、屁理屈をこねているだけなので、その屁理屈が税務署に論破されれば追徴課税が課され本来正常に支払うはずだった以上の税金を支払う可能性もあります

租税回避ではないですが、先日、女性向けに青汁の通信販売で一躍有名になった「青汁王子」も税務署に目をつけられ、逮捕されてしまいましたからね。。(個人的な見解だと、今回は名目上、青汁王子の主犯ということで検挙されましたが、本当は彼のバックにいるラスボスを税務署は捕まえたかったからこれだけ泳がしてたのだと思っています。結局、ラスボスの足は掴めなかったのだと。。

いかがでしたでしょうか?だいぶ端折ってしまった部分もあるので、あくまで「富裕層ってこんなやり方でお金回してるんだよ」くらいのニュアンスでしたが、少しでも面白いと思ってくださったなら嬉しいです!!

正確に申告して、きちんと納税しましょう!!ではでは!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です